FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


~・~・~・~・~・~・~・~
語源由来辞典より引用

「庭」

神事・狩猟・農事などを行う場所や、波の平らな海面などもさし、

古くは何かを行うための平らな所をさしていた。

「学びの庭」といった用法は、このような意味を持っていたことに由来する。

奈良時代には、草木が植えられたり池が造られたところは

「園(その)」や「山斎・島(しま)」と呼ばれ、

「庭(には)」と区別していたが、

平安時代頃から「には」が庭園の意味に転じた。

語源は諸説あるが、有力な説を大別すると

「土間(はにま)」の略転、「土間(にま)」の意味、

「土場(には)」の意味など「土」の語系とする説と、

「に」が「な(滑・平)」の転、

「は」が「延」の意味で広がるところに用いる接尾語とする説がある。

「赤土」は「丹(に)」と言ったことから、

庭の「に」は「土」や「丹」と同根とも考えられるが、

「庭」は平らな所をさす語で海面などもいったことから、

「な(滑・平)」の転+「延」を意味する接尾語の説が有力と考えられる。

また、「場(ば)」は「には」よりも遅く見られる語のため

庭の語源とは考えられないが、庭の「は」から派生したとは考えられる。

~・~・~・~・~・~・~・~


庭は古来、神聖な儀式を執り行う場所でした。

都市化や権力化が進み、

自然と人が分断されていく過程において、

人は、自然とのつながりを、

もう一度、「庭」に託したのだと思います。
スポンサーサイト

Thoughts on スポンサーサイトHP作成中~③「『庭』の語源・由来」

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。